女性のための性とセックスにまつわるセラピー

誰にも聞けない誰かと話したい。そんな性とセックスの悩みを私と話ましょう。きっとこころが軽くなりますよ。秘密は守ります。H&N・セラピールーム

人とどんな風に関わっていいか分かりませんという悩みについて

実は、人との関り方について悩んでいらっしゃる方は多いです。

日常的には、会社や学校で周囲の人と難なくコミュニケーションをとっているように見える方から、人との関りを避けたくて家から出たくない方まで様々です。

この3年ほどの間、感染症の影響により私たちは他人との距離を取らざるを得ませんでした。嬉しい時も楽しい時も、困った時も助けを求めたい時も、私たちはコロナ以前のように人ととの距離を縮めることができませんでした。

私自身も、他者の力を借りずに一人で解決したり、一人で対応できる範囲で何とか済ませることに慣れてしまって、以前のような人との密な関係を持つ機会が減りました。大切な関係での集いは徐々に復活していますが、一方で、重要度が低いものをスキップする際の葛藤は少ないです。

さて、子ども達の世界はというと、各々成長段階によりますが、年齢によっては、チャレンジしない、引っ込み思案な、ともすれば無気力な子ども達が多く見られます。

先日、中学生の子ども達向けの教育プログラムを依頼されました。ざっくりと表現すると「人との関りについて話してほしい」という内容です。近年の傾向として、思春期に入り、他者や異性との関係がより重要になってきた彼らは、困った時に誰かに相談するよりも他者をシャットアウトして引きこもるという手段を取りがちなのです。全員がそうではありませんが、誰かに相談して解決し成長していくよりも、傷つきを避け、引きこもってSNSや動画などで情報を得て何とか対応しようとするようです。また、お付き合いを始めたばかりの男女が、コミュニケーション不足のため、意思疎通がうまく測れず関係がこじれるというのもよく聞く話です。これは、思春期の子ども達の話ですが、大人にも共通するところが大いにあると感じています。

さて、私たち大人は子ども達より長く生きている分経験がたくさんあり、コミュニケーションにおいても長けていると言えるでしょうか?半分は正解で半分はハズレです。

経験値で言うと、場数は比べ物にならないほど多いでしょう。しかし、場数が多いということは、人間関係がうまくいかなかったり、傷つき体験も少なからず経験してきているということです。人は、対人関係で傷つくと、人が怖くなったり、また傷つくことを怖れて人間関係に消極的になることがあります。これは程度の差こそあれ、多くの人に当てはまることです。もしあなたが、対人関係の傷が癒えることなく時間が過ぎ、やがて「人とどんな風に関わっていいか分からない」という状況になっていたとしても、ちっとも不思議ではありません。

過去の人間関係で傷ついた経験がある方、過去の傷つきを癒したい方、何があったわけではないけど人間関係が億劫でそんな自分を変えたい方、人とどんな風に関わっていいか分かりませんという方、一度私とお話してみませんか?一緒に、あなたの心地よい人との関りを探っていきましょう。

 

彼の愛が冷めるとき

  最初は愛されていることをひしひしと感じていたのに、今は距離を感じる。そんな時、自分の言動のどこがいけなかったか、なんで彼の愛が冷めたか、一生懸命考えますし、いけないところがあったのなら直したいと思いますよね。

  もしかしたら、自分の会話のクセ(パターン)の中にそのヒントがあるかもしれません。

  困ってることがあるって言うから、いろいろ一緒に考えてたのに、話しているうちに彼が機嫌が悪くなり無口になってしまった。話題を変えたけれど、その後辺りからちょっと距離を感じる。そんなご相談をよく受けます。実は、女性は客観的に意見を言っているつもりで、思いきり男性のことを否定してしまっていることがあります。それが、彼の愛情冷める言動をしてしまっているとも気づかずに。私自身も、中立の立場に立って、良かれと思って言っていたことが、ちょっと違っていたということがありました。実は、相談している彼らは、「困っている」とは言うものの女性からの具体策は期待していないのです。それよりも「そんなことがあったんだ」「大変だったね」「うまくいくといいね」と受け止めて欲しいんです。なので、相手を否定・非難したり、不満を言ったり、話を適当に聞いたりすると、「この子はちょっと違うのかな」と思われてしまいます。

  人は、否定されること・攻撃されることを嫌いますし、恐れます。特に男性は、攻撃には攻撃で返す傾向がありあます。ただ、男性は優しいので、好きな子相手なら何回かは何も言わずに見逃してくれるのですが、その裏でダメージを受けており嫌な気分になっています。こうなると、冒頭の「最初は愛されていることをひしひしと感じていたのに、今は距離を感じる」も頷けるのではないでしょうか。

  会話のクセ(パターン)というものは、身に沁みてしまっているため、気づいて変更していくのはなかなか難しいですが、心当たりのある人は、そんなところから自分を変えていくといいかもしれません。否定することなく人の話をきける女性って素敵ですね。男性は、深く話を聴いてくれて自分を理解してくれる女性には、そばにいて欲しいものです。自分の意見を持ち、自分に正直な女性は、女性として魅力的です。時には意見が合わずに喧嘩になったり、怒りを表現する場面もあるでしょう。それは、人間関係においてとても自然なことです。でも、愛される会話、コミュニケーションを実践し、二人の関係がしっかりとできていくと、ピンチを乗り越えるたびに、彼の愛はさらに深まっていくでしょう。

  もしあなたが、1人で取り組むのが少し難しく感じたり、誰かと一緒に考えたいときは、私に相談してください。セッションの中でやっていきましょう。

受け取り上手は愛され上手

あなたは、何かをいただいた時「悪いな~」と思う方ですか?それとも「わぁ。嬉しいな」と思う方ですか?また、男性が「荷物持つよ」と言ってくれた時に「うん。ありがとう。助かるわ」と答えていますか?それとも「大丈夫。私力持ちだし」なんて言って断ってしまうでしょうか。

受け取り上手的には「ありがとう」と受け入れるのが正解です。あなたには、どちらを選ぶか簡単な問題ですよね。活字の上では、ほとんどの方が正解を選べます。ただ、急にこのシチュエーションがやってくると「悪いな」と思って断ってしまう人も多いです。

実際は「ありがとう」と言って任される方が人は嬉しいです。特に男性は、女性よりも「相手を喜ばせた」「頼りにしてもらえた」「やり遂げた」ということが嬉しい生き物です。女性が遠慮して「いいよ。いいよ」と断られてしまうと、優しい気持ちや厚意の行き場がなくなってしまい、まるで着地できない飛行機のような状態になってしまいます。また、私たちは、発した気持ちや愛情を受け取ってもらえない時に、寂しく悲しい気持ちを感じます。逆に自分の発した気持ちや愛情を喜んで受け取ってくれると、本当に嬉しい気持ちがします。つまり、女性が受け取って喜ぶということは、男性にとってはご褒美になるんです。

ここでちょっとドキッとしたあなたは、かなり鋭いです。

結婚当初、夫は優しかった。いろいろとしようとしてくれた頃もあったけど、今は何もしない。私がなんでもするのが当たり前。また、彼氏が何もしなくなった。以前は、デートのプランを立てたり、サプライズのプレゼントもあったが、今は一切ない。こんなことありませんか?それは、もしかしたらこれまでに、知らず知らずのうちに、相手の厚意や愛情を受け取れていなかったのかもしれません。相手に迷惑をかけないように、負担をかけないようにという思いが、結果的に、相手の気持ちの行き場をなくしていたのだとすると、彼からは、相手を喜ばせたいという気持ちや、なにかしてあげようという気持ちが削がれていきます。実際に何かしてくれる頻度や度合いも減っていくでしょう。

逆に、受け取って喜んでいくと、与えようとする気持ちが活気づき、もっともっとしてあげようと思うようになります。あなたをもっと喜ばせたいし、愛したいし、笑顔にしたいという気持ちがたくさん湧いてきます。受け取って喜ぶということは、相手に嬉しい気持ちを与えることと同義なのです。

男性性の得意分野は与えることで、女性性の得意分野は受け取ることです。分かりやすいように相手が異性(男性)で書いてきましたが、あなたが、受け取るのは何も男性からだけではありません。女性だって気持ちよく受け取ってくれたら、また何か力になりたいなぁと思うものです。

もし、あなたが断わり上手なら、私と話して受け取り上手になりませんか?

追われる女・追う女 

  恋愛には信頼が大切と言われます。これは、お互いが「相手が自分のことを好きでいてくれていることを信じる」ことが不可欠ということです。言い換えれば、自分自身を信じることが不可欠なのです。

 

  多くの女性が男性に比べて、好きな相手に自分の感情をうまく伝えることができます。そして相手に対しても、同じくらい、そして分かりやすく「好きだ」ということが伝わってくる言動を望んでいます。さらに、そういったことが伝わってこないと、不安や寂しさに陥りがちです。ですが、男性にとって恋愛の世界はあまりにも未知で、分からないことだらけなのです。また、男性は感情に触れることやそれを表現することにたけていないので、恋愛自体に苦手意識をもつ方も少なくありません。女性側から見ると、男性の愛し方というのは理解しにくいことが多く、それゆえ不安感をもってしまうようです。

 

 男性は、つき合うまで~つきあい始めに、ものすごく追いかけてくる人が多いです。それは、相手のことが分からないから。知りたい、分かりたい、自分に興味を持って振り向いてほしいからです。でも、女性はまだ気持ちが温まっていませんから、興味がなく消極的だったりします。なので、彼らは本当に必死です。そして、実は女性を追いかけることが楽しくて仕方ない状態です。この男性の追いかける状況は、初めの数か月で一旦落ち着きます。理由はそれぞれですが、一度本来の自分のペースに戻ることはよくあることです。そして、時間が経てば再び追いかけることがあるのですが、その前に女性側が追いかける状況になっていると、自分が追う必要がなく、がんばることをしなくなります。

 

  また、女性は、不安な時に彼を試したくなるものですが、男性はそのままに受け取るので、女性の思うような返事が返ってくることはほぼありません。

 

①「他の人に告られた」。

②「あなたのこと好きか分からなくなってきた」。

③「別れた方がいいのかな」。

 

こんな爆弾を投げてしまったことありませんか?実は、全部NGです。

 

❶「じゃあ。そいつとつきあえよ」と不機嫌になる。

❷「なら一緒にいても仕方ない」と判断されてしまう。

❸「きみがそう思うならそうしよう」という具合に受け取ります。

 

男性側からするとうまくいってると思っていたので寝耳に水です。また、勘のいい男性は「俺のこと試してる?」とこころの中で思っています。女性としては、不安を払拭したいだけなんですが、「俺って信用されてないんだな」となるわけです。

では、この不安とはどうつきあっていけばいいのでしょうか?

それは、なるべく自分のことをすることです。自分の世界を充実させる。これに限ります。勉強でも、仕事でも、趣味でも、友達関係でも。この世にある、彼以外のことで自分を喜ばせることが一番です。中でも、体を動かしたり表現したりすることはおススメです。運動でも掃除でも、カラオケでもダンスでも。お料理でも、美容でも、読書でも、ゲームでも、なんでもいいです。あなたが楽しめて充実することであれば。

もし、いやな気持が続いたら、自己受容です。「不安なんだね」「彼が離れていきそうって思ってるの?」「彼に忘れられるのが怖いのね」などと、自分に声をかけてあげてください。そうして、時間をやり過ごすうちに、彼から連絡が来たり、会えることになったりチャンスが巡ってきます。会えたら、思いっきり楽しみましょう。そんなあなたに彼は、また惹かれることでしょう。

彼が最初の頃必死に追いかけてきた事実がある場合、間違いなく彼はあなたが好きです。男性は、ただの暇つぶしで全力投球しないから。自分にどれだけ笑いかけてくれるか、自分がしたことをどれだけ喜んでくれるか、自分を信頼してくれるか、認めてくれるか、男性はここに重きをおきます。最初にもお伝えした通り、恋愛をうまくいかせるためには、自分自身を信じることが不可欠なのです。

 「自分の時間を充実させて自己受容もしてるけど、すぐに気持ちが不安にもっていかれそうになります」というあなた、一度私とお話してみませんか。あなたが、幸せな恋愛の主人公になるお手伝いをさせてください。さあ、あなたも追われる女になりましょう。

あなたが女性性にふれるとき

多くの女性が、次の3つが上手くいくことを願っていると言われています。

◎対人関係(家族・パートナー・恋愛)

自己実現(豊かさ・仕事・才能)

◎内面の充実(自己肯定感・安心感・幸福感)

 

これらがうまくいくかどうかは、あなたがご自身の女性性をどう生きるかと深くかかわっています。女性性とは、いわゆる「女性らしさ」のことです。

女性性の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

○育てる・はぐくむ・包む・受け入れる・温かい・子供好き・世話好き・上品・控え目・献身的・愛嬌がある・やわらかい・気が利く・セクシーな・おしゃべりな・感情的・精神的・優しい・たおやか など

 

一方で、男性性の特徴はこのようなものがあります。

○決断する・進める・切る・実行する・与える・厳しさ・行動的な・愛想がない・かたい・気が回らない・かまわない・無口な・合理的・物質的・強い・たくましい など

 

女性性と男性性では、ずいぶん違いますね。もしあなたが、男性性の特徴がたくさん当てはまっていても心配いりません。実は、女性の中にも男性の中にも、女性性・男性性の両方があります。例えば、キャリアウーマンの方は男性性の要素がたくさんあるでしょうし、ファッションやアート関係に近い男性の中には女性性をよりたくさんお持ちの方もいらっしゃいます。

 

女性性を活かせてないと起こってくる問題や課題の一部です。

・パートナーとうまくいかない

・好きな人に好きになってもらえない

・家族のいざこざが起きる

・人生の苦労が多い

・こころが落ち着かない

・不安で仕方ない

・罪悪感がある

・自分のことが好きになれない

・幸せを感じられない

・自分自身とコンタクトがとれない

・自分に優しくできない

・自分の気持ちが分からない

・何がしたいのか分からない

・他人に優しくできない

・自分も相手も愛せない

 

あなたもいくつか当てはまったかもしれません。ちなみに、以前の私はこちらを網羅していました。改めて振り返ると、とても生きにくい人生だったと思います。

 

なぜこのようなことが起こるのか、これから女性性の得意分野をみていきましょう。

女性性は、「感じる・受け取る・委ねる・サポートする・共感する・願う」といったことが得意です。つまり、女性性が眠った状態というのは、これらが発揮されていないということです。パートナーや好きな人との中でどんな影響が起こってくるのかを、簡単な図にしました。

 

与えたい男性 →→→受け取り下手な女性 → 与えなくなる男性(負のスパイラル)

        ↘       

           受け取り上手な女性 ⇔ もっと与えたくなる男性(好循環)

 

 

男性性の得意分野は、「考える・与える・解決する・リーダーシップをとる・競う・叶える」といったことです。実は、図のようなことは、男性との間だけでなく、家族や職場の人、そして自分自身との間でも起こってきます。この図の流れが滞りなくスムーズにいくと、生きていくのがとても楽になります。

ここまで読んでくださったあなたは「言ってることは分かるけど、実際にどうしていけばいいか分からない」という気持ちになっていませんか。一人では難しい作業もあります。どうぞ、私に相談してください。詳しくは、セラピーを進める中で取り組んでいきましょう。こちらが気になるあなたには、プログラムへの参加がおススメです。

「私はどんな風になりたいのだろう?」そんなことを思いながら、ウキウキとした気持ちで歩みを進めていきましょう。あなたのお話を聴かせていただくことを楽しみにしています。

 

うちの子「好きなこと以外がんばれないんですが、将来やっていけますか?」と聞かれました

最近、クライエント様からよく聞かれる質問です。いつも、正直に「残念ながら、分かりません」とお答えしています。

子どもの将来が心配というのは、万国共通親御さんの思いであるでしょう。しかし、どんな大人になるかは、実際にその子が大人になってみないと分かりませんし、大人になってからだって人は変化し成長するものです。ただ、そんなことを聞いたからと言って心配がなくなるわけではないですね。

私は、こういった質問を受けた時に「そのことに気づいた時から何をしてきたか」ということを尋ねるようにしています。工夫は様々で「できるだけいろいろなことを経験させるようにしている」「好きなことを中心に、できるようになったことに注目するようにしている」「ひとりで抱え込まないようにしている」といったことが多く聞かれます。また、ヒントを得るとうちの子仕様にカスタマイズしてうまくかじ取りをしていかれる方も少なくありません。

状況に合わせてうまくやっていかれる方たちの多くに共通するのは、①一人で抱え込まず他者の力を借りる、②現状を見極める、③変わっていくことを受け入れる、といったことが挙がられます。

一方で、別のクライエント様からは「何をやってもうまくいかない」「やればいいことは知っているがそれをするだけの余裕がない」「途方に暮れている」という言葉も聞かれます。そして、自分を力不足と決めて責めたり無力感に陥ってしまう方も多いです。自分の思いと現状が違い過ぎると、本当に気持ちが滅入ってしまいますが、そんな時こそ「何が起こっているのか」を見つめる目が必要になってきます。何が必要なのか見ていく中で「ただ親に認めて欲しいだけ」だったんだなということが発覚するお子様も少なくありません。親に認められ責められることが減るだけで、落ち着き意欲が出ることが実際に起きています。全てがそれで解決するわけではないですし、やっぱり私が認めてあげてないからだと自責しないでくださいね。なにごともケースバイケースです。

さて、好きなことだけしていたい子と映りがちなのですが、どの子にも、根底には認めて欲しい気持ちが必ずあります。これは大人も同じです。特に、こどものもつ素晴らしさが、学校で用いられるスケール(成績・偏差値などの評価)で測りにくいものだとすると、どうでしょうか。そして、それを認めてくれる大人がいないとしたら。子どもの中には評価されない苦しさが生じてきます。また、「自分を認めてあげる力」が子ども自身に育っていないと、自分の中の素晴らしい素質を受け入れ、それを自信とすることは難しいでしょう。

大人になってからでも、いろいろな人との関りや経験の中で自分を認める力を育むことは可能です。しかし、もしお子様がまだ子どもであるならば、まずは一番身近な親が子どもの良さを認め、受け入れてあげることをやってみてあげてください。受け入れる=なんでも思いを通すことではありません。子どもなりに意見や思いを表明する機会を与える。それを聞いたうえで、ダメなことはダメと伝える。大人の都合で約束を破らない。いいと思うことは言葉にして「いいね」と伝える。そうでないことは「こうして方がいいね」と手本を見せたり助言してやり「何がダメなのか」はっきりと伝えるということです。この話をした時に、あるクライエント様が夫に「自分の子どもにも、お得意様に対応するように接してよ、と言ったんですよ」とおっしゃいました。まさにその通りです。こども扱いせずに、一人前扱いをするということです。ただ、そんな風に扱ったとしても、こどもは心細い時には甘えてきますし、時には八つ当たりなんかもしてくるでしょう。それも受け入れながら、甘えを適度に満たし、こころの強さを育んでいくと、少しずつ好きなこと以外にもチャレンジし、自信をつけていくことができていきます。

全てにおいて「こうすればいい」ということはなく、人生がそうであるように、子育ても全てケースバイケースなのだと思います。多くのクライエント様が、私と話しながら「方向性を確かめるため」「これでいいかなと確認をしに来ている」とおっしゃいます。

もし、あなたが「うちの子、好きなことばっかりしてるけど大丈夫かしら」と思われているなら、私と話してみませんか。すべてがぱっと解決する方法はありませんが、あなたの子育てやお悩みについて、真剣に一緒に考えます。

 

 

 

 

 

 

 

まだ辛いけど、失恋したことを後悔していません

初めて私のところにいらしたあるクライエント様が、「すでにフラれたんですが…」と話し始められました。相談に至った経緯は、体調不良を見かねた同僚が内科の受診とカウンセリングを勧めてくれたいうことでした。

気持ちの整理がつかず、仕事も手につかない状態で、眠れない日々が続いている。お相手に話しかけたい気持ちがある一方で、近づくと諦めきれない気持ちが大きくなり、その狭間で苦しい。堂々巡りの思考がつきまとう、とこころの内を吐露されました。

このようなことは、程度の差こそあれ、多くの人が一度は経験するものでしょう。もしあなたが「失恋」というキーワードでこの記事にたどり着いたのであれば、まさに今がそうなのかもしれません。全てが無味乾燥となり、苦しさから抜け出そうとすればするほど深みにはまるような、もう何をどうしていいかわからない状態ともいえます。

こんな時は、毎日生きてるだけで必死だったりするのですが、クライエント様は、ヤケになるでもなく淡々と過ごされました。お相手に見合う自分になるために、仕事で関わる人たちのために、そしてご自身のために。体調や気持ちの波に合わせて仕事を調整し、仲間と共にプロジェクトを終えたことは大きな自信になったようです。

最終的には、遠方への配置換えでお相手の方とも別離というめぐり合わせでしたが、クライエント様は決して気落ちはされてはいませんでした。お相手のこれからの活躍を祈りながら、さみしさを少しだけ表現される優しい気持ちの持ち主でした。そして、私には「失恋は辛かったけど、後悔はしていないこと」が伝わってきました。大きな痛手のために、本当に苦しいこころの作業を私と共にされたクライエント様は、これまでの恋愛パターンや自らの弱さと出会い、図らずも成長される機会を得られました。時間に癒され、いつか次の恋愛が始まった時に、これらの時間が活きてくると私は確信しています。まだご本人様はお気づきでないと思いますが、もはやただの苦しい時間ではなくなっているのです。

できれば失恋はしたくない、ハッピーがいい。それがあなたの本音でしょう。私もそう思います。しかし、人生には時に苦しい時期もあります。そんな時、あなたは決して一人ではないことを知っていてほしいのです。あなたの話を聞かせてください。わたしが、あなたのお力になります。