女性のための性とセックスにまつわるセラピー

誰にも聞けない誰かと話したい。そんな性とセックスの悩みを私と話ましょう。きっとこころが軽くなりますよ。秘密は守ります。H&N・セラピールーム

音・匂い・光・人の視線とか、いろいろ気になるんです

最近よく聞くようになった「繊細さん」ですが、「私、HSP(HSC)だと思います」とおっしゃる方は、実はたくさんいらっしゃいます。

人混みが苦手、がやがやした騒がしい場所が苦痛、蛍光灯の光が眩しすぎる、舌の感覚が鋭敏で偏食がすごい、泥の感触が嫌で、小さい頃に泥遊びをしたことがない、ネズミ避けの高周波がピーピー鳴っていてうるさい、人と接する時になんと言ったらいいか分からない(答えを考えすぎてしまう)、などなどたくさんのエピソードを聞きます。

多くの人は、大人になると共に規則や物理的な条件から解放され、また経験の積み重ねや発達の影響から、生きやすさが増すのですが、繊細さんにとっては、それでも生きにくさがあるのが現実ではないでしょうか。

例えば、人からどう見られているか、人の目が気になるというのは、程度の差こそあれ思春期のいずれかのタイミングでやってくる通常の発達です。中学生の時、休み時間になるとトイレの鏡の前で何度も前髪を直していた子がいませんでしたか?これは今でもよく見かける光景です。しかし、人目を気にして家から出られなくなったとしたら、不便ですし困りますね。時に、繊細な感覚をお持ちの方達は、外の世界で消費するエネルギーと回復のバランスを取りづらく外に出かけることがしんどくなってしまうことがあります。

友だちや家族に相談したら、気にしすぎ、誰も見てない、気のせいと言われたことがある。きっと同じような答えがかえってくるだろうからもう相談したくない。そんな風に思っている方がとても多いです。また、一人一人気になり方が違うため、言っても理解してもらえないと諦めてしまうことも少なくありません。

今さら相談しても、何も解決するわけではないと思われるでしょう。しかし、誰かに話すことで気持ちが楽になることがあります。また、違う視点から物事をとらえ直したり、こんなことができるかもしれないと可能性や選択肢が広がります。

もし、あなたが繊細さんかどうかは分からないけど、いろんなことが気になっているのであれば、一度私にご相談ください。あなたの悩みを真剣に聞き、どんな工夫ができるか一緒に考えます。もちろん、繊細さんのご相談も大歓迎です。