女性のための性とセックスにまつわるセラピー

誰にも聞けない誰かと話したい。そんな性とセックスの悩みを私と話ましょう。きっとこころが軽くなりますよ。秘密は守ります。h&n・セラピールーム

まだ辛いけど、失恋したことを後悔していません

初めて私のところにいらしたあるクライエント様が、「すでにフラれたんですが…」と話し始められました。相談に至った経緯は、体調不良を見かねた同僚が内科の受診とカウンセリングを勧めてくれたいうことでした。

気持ちの整理がつかず、仕事も手につかない状態で、眠れない日々が続いている。お相手に話しかけたい気持ちがある一方で、近づくと諦めきれない気持ちが大きくなり、その狭間で苦しい。堂々巡りの思考がつきまとう、とこころの内を吐露されました。

このようなことは、程度の差こそあれ、多くの人が一度は経験するものでしょう。もしあなたが「失恋」というキーワードでこの記事にたどり着いたのであれば、まさに今がそうなのかもしれません。全てが無味乾燥となり、苦しさから抜け出そうとすればするほど深みにはまるような、もう何をどうしていいかわからない状態ともいえます。

こんな時は、毎日生きてるだけで必死だったりするのですが、クライエント様は、ヤケになるでもなく淡々と過ごされました。お相手に見合う自分になるために、仕事で関わる人たちのために、そしてご自身のために。体調や気持ちの波に合わせて仕事を調整し、仲間と共にプロジェクトを終えたことは大きな自信になったようです。

最終的には、遠方への配置換えでお相手の方とも別離というめぐり合わせでしたが、クライエント様は決して気落ちはされてはいませんでした。お相手のこれからの活躍を祈りながら、さみしさを少しだけ表現される優しい気持ちの持ち主でした。そして、私には「失恋は辛かったけど、後悔はしていないこと」が伝わってきました。大きな痛手のために、本当に苦しいこころの作業を私と共にされたクライエント様は、これまでの恋愛パターンや自らの弱さと出会い、図らずも成長される機会を得られました。時間に癒され、いつか次の恋愛が始まった時に、これらの時間が活きてくると私は確信しています。まだご本人様はお気づきでないと思いますが、もはやただの苦しい時間ではなくなっているのです。

できれば失恋はしたくない、ハッピーがいい。それがあなたの本音でしょう。私もそう思います。しかし、人生には時に苦しい時期もあります。そんな時、あなたは決して一人ではないことを知っていてほしいのです。あなたの話を聞かせてください。わたしが、あなたのお力になります。